トラトラトラ


汝水のほとりに泊つた夜のこと、一睡してから、ふと眼を覺ますと、戸外で誰かが我が名を呼んでゐる。聲に應じて外へ出て見ると、聲は闇の中から頻りに自分を招く。覺えず、自分は聲を追うて走り出した。無我夢中で駈けて行く中に、何時しか途は山林に入り、しかも、知らぬ間に自分は左右の手で地を攫(つか)んで走つてゐた。何か身體中に力が充ち滿ちたやうな感じで、輕々と岩石を跳(と)び越えて行つた。氣が付くと、手先や肱のあたりに毛を生じてゐるらしい。少し明るくなつてから、谷川に臨んで姿を映して見ると、既に虎となつてゐた。
※中島敦『山月記』より抜粋



なんで、『山月記』を持ち出してきたかって?
それについては…
↓詳しくは此方をご覧下さいな。イーフイはただ今、こんな感じなんですわ。↓
妄想言動(影)





まあ、そんなこんなですが早く風邪を治して10日と13日に行われる【追い出しコンパ】には必ず参加する予定です。
ほら、酒は百薬の長ですし…ヽ (´ー`)┌
[PR]
by if-aluga000 | 2006-02-08 23:25 | 妄想言動
<< 活花再開 恐いもの >>