無題

黒い背中だったが腹は黒くない

直感のカタマリを胃袋に流し込む

割れ目を探して中を見たかった

体温計が行方不明になったまま

ぐるんぐるんひっくり返る目玉

白い繭に包まれて溶けてしまえ!
[PR]
by if-aluga000 | 2006-05-11 22:08 | 忘却之葉
<< 眠れぬ夜はノクターンの音で 活花再開 >>