カテゴリ:妄想言動( 34 )

トラトラトラ


汝水のほとりに泊つた夜のこと、一睡してから、ふと眼を覺ますと、戸外で誰かが我が名を呼んでゐる。聲に應じて外へ出て見ると、聲は闇の中から頻りに自分を招く。覺えず、自分は聲を追うて走り出した。無我夢中で駈けて行く中に、何時しか途は山林に入り、しかも、知らぬ間に自分は左右の手で地を攫(つか)んで走つてゐた。何か身體中に力が充ち滿ちたやうな感じで、輕々と岩石を跳(と)び越えて行つた。氣が付くと、手先や肱のあたりに毛を生じてゐるらしい。少し明るくなつてから、谷川に臨んで姿を映して見ると、既に虎となつてゐた。
※中島敦『山月記』より抜粋



なんで、『山月記』を持ち出してきたかって?
それについては…
↓詳しくは此方をご覧下さいな。イーフイはただ今、こんな感じなんですわ。↓
妄想言動(影)





まあ、そんなこんなですが早く風邪を治して10日と13日に行われる【追い出しコンパ】には必ず参加する予定です。
ほら、酒は百薬の長ですし…ヽ (´ー`)┌
[PR]
by if-aluga000 | 2006-02-08 23:25 | 妄想言動

しばらくぶりです…

しばらくぶりです…!

一体何ヶ月ぶりなんだか(×_×;)

卒論ってのは、やなもんですね。

これのおかげで、私は髪の毛がごっそり抜けましたし、胃潰瘍になりましたし、不眠で生理不順やら何やら、もう散々ですよー。

卒論の出来栄えですか?

ははは…。

以上です。

HPも色々手を加えたし、こっちのブログの方も活動開始しないといけませんね。

まあ、ぼちぼちやっていきます。
[PR]
by if-aluga000 | 2006-01-23 03:56 | 妄想言動

イーフイ、友人S・Tと難波へ行く!(喫茶店編)


まずはこれを見ていただきますわ…。




a0021219_18171040.jpg







これは何かって?
パフェを食した後の器ですわ。
とても甘くて美味しい体脂肪やら血糖値が気になってしまうけれども食べたくなっちゃうパフェが鎮座ましましていた器ですわ。

でもね、その盛られていたパフェはパフェでも並みのパフェじゃなかったのよ…。












ジャンボパフェ  なのっ☆



a0021219_17325789.jpg



a0021219_1734211.jpg




これを見たあなた、友人S・Tと二人で食べたと思ったんじゃなくって?

ホホホホホ!!!

甘い!甘いわ!!!




一人で食ったら

甘すぎるんじゃー!!!




ってことで、ジュンク堂書店で痛い出費をした後に、私を待ち構えていたのは、


イーフイ!!

ジャンボパフェに挑戦!!!




でございました (T-T)


事の始まりは、書店を出た後にどっか喫茶店にでも入ろうという事になり、一件の店のショーウインドゥを見たことからでした。

朝早くから大阪の町をぶらぶらしていたせいか、疲れていたのでしょう。
私は甘いものが無性に食べたくなったのです。
で、見れば、甘くて美味しそうな値段も手ごろなパフェ様が毅然と立っていたわけですよ。
その姿に一目惚れして、店の中へ…。
久々に食べるパフェに胸が高鳴っていた所へ、ウエイトレスがメニュー表を持ってきました。



今思えば、ここでもう少し冷静になるべきだったのです。




メニュー表をパラリとめくると、そこには先ほど見たパフェ様よりも素敵なジャンボパフェ様が私に向けウインクしていたわけなのです。

さぁ、困りました。

「よし!食べよう!」
と言ってはすぐに
「やっぱ、やめとこっかなぁ…」
を繰り返しておりました。


と、再びやってきたウエイトレスに、S・Tが


「ジャンボパフェ1つ!」



私が注文を言う前に先に言いやがったわけですの。

ホントに気のきく友人を持てて私は感涙に打ち震えましたわ…!!!

まあ、そんな事は、ポイッ!と置いておきまして、ジャンボパフェです。

結論から言いましょう。

ジャンボパフェが運ばれてきた時、正直私は


これくらいなら一人で食えるな…


と思いました。

しかし、問題が一つ。
食べるには食べれる量であっても、生クリームに胸焼けしてダウンしないかという事でした。
たとえ、胸焼けが訪れたとしても、どうやってそれを乗り切るか…。

そりゃあ、あなた・・・



気合!!




でしょう。


目の前に在るのはパフェじゃない…




敵だ!!!




と思い込み、ひたすらスプーンで掬っては食べ、掬っては食べを繰り返すのみ!!


食べ終わってから、S・Tに


「なんで、そんなに無表情なん!?」

「パフェというのは、もっとニコニコと

微笑みながら食べるもんちゃうの!?」


「なのに鬼気迫る顔で…

( ̄ロ ̄lll) 」




うるへー!

私の目の前にあったのは敵なんだよ!!

私に与えられた使命は、目の前の敵を破壊しつくす事なんだよ!!

女子供は引っ込んでなっ!!!



ってなわけで、



a0021219_1815548.jpg



生クリームの胸焼け攻撃にもめげず



a0021219_17291785.jpg


☆完食☆



ふあははは!!!

お前など私の敵ではないわ!!!

出直してこいやーー!!!



ジャンボパフェを完食したという制圧感からくる清々しい気持ちで、レジにてお代を払い店を出ました。

そして、すぐに襲ってきた胃の中洗濯機状態…_| ̄|○il||li

もうしばらくは甘いものは要らないと心に決め、私と友人S・Tの難波珍道記は幕を閉じたわけですが、まさか、この1週間後に岡山にて、先輩方と3人で

スーパージャンボパフェ

a0021219_2171831.jpg




に挑む事になろうとは、この時の私は知らなかったのでした…。








~今回学んだ教訓~


※敵は誰ですか?


己です!!! (T-T)
[PR]
by if-aluga000 | 2005-03-01 17:26 | 妄想言動

イーフイ、友人S・Tと難波へ行く!(ジュンク堂編)


昨日、友人S・Tと共に大阪は難波へ行ってきました。(友人S・Tは、以前に暇潰書物『秋津』編で一度登場していますw

というのが、S・Tはただ今就職活動中で、そこで目をつけたのがなんばグランド花月の目の前に聳え立つ、ジュンク堂書店だったわけですよ。
それで、下見のために一度行きたいとのことで、ちょうどこの日に私が難波に行くので、じゃあ一緒に行くべやと…。

かなりいいです、ジュンク堂書店!!(。・O・。)
これまでに何度か行きましたが、行くたびに、「ここに住みたい!!」と思ってしまうほどです。

何しろ、1F~3Fまで全部本!!
辺り一面が本!!
そんでもって本を読むスペースまであって、ちゃんと椅子が設置されています。
カフェが中にあります!!
尚且つ、絵本のコーナーには、読み聞かせが出来る部屋まであります!!


素敵過ぎます、ジュンク堂!!
はうぁ~~うっとりwww(☆。☆)
マイハートを行くたびにガッツリ摑みやがる☆(* ̄∇ ̄*)
 
私の住んでいる町には、こんなに大きな書店がないので羨ましいですわ。 
そんな所に就職したいだなんて…(教職を目指してなかったら私もしたいっつーの!)
S・Tよ、是非とも何とか就職してくれ!!
そして色々な裏な情報をまわしておくれ!!(ぉぃ)

んで、此処で私は今後の卒論のために中原中也全集を買うことにしていました。
色々探しましたが何しろ本だらけなので、途中で店員さんに直接、全集のある所まで連れてってもらいました。
中原中也の全集は全部で5巻ありました。
どれどれと手に取り、値段を見てびっくり・・・。
安くはないとは思っていたけど、
全巻で




59200円




え?ゼロが一つ多い?

いえいえ、マジでこの値段です。
だって、一冊が1万近くするんですもの~~~ (T-T) (内1冊、1万越してました…)
この日の私の財布の中身。
帰りの電車賃と図書券1万1000円、趣味やその他のための本代1000円。

1冊しか買えねぇ!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

ってことで、全集の1巻目を買いました。
残りの巻は、お金溜まってから買います。出来るだけ早くに…。


この全集のほかに、絵本を買いました。
今月の20日に私の知り合いのお姉さんが、無事に女の子を出産されまして、そのお祝いに



『いないいないばぁ』 作・松谷みよ子 出版:童心社

a0021219_5374122.jpg


↑これをプレゼントします♪(⌒‐⌒)
これは、此処に来る前から決めていた事で、我ながらなかなかナイスアイディアかと…☆
うちの学科の教授もオススメの一冊です。


勘定の時に購入した本を入れた紙袋に、
「今日は雨が降っておりますので、透明のビニール袋をお付けしますね」
そう言って、店員さんが被せてくれて、ますますジュンク堂書店への思いは熱くなりました!!


友人S・Tよ、君もこんな風に立派な店員にな…

・・・・・。


…っ、お前、本ばっか見てねぇで、ちったぁ店の雰囲気やら、店員の働いてる様子をちゃんと観察しろや!!!


まぁ、彼女はいつもこんな感じですけど…(´ヘ`;)
こんなんで、此処に受かるのか!?
っていうか、就職できるのか!?
色々と彼女の将来に不安を覚えました。


っていうか、就職やらの以前に二人とも卒論書けるのか・・・・

これが今の私の最大の不安です。_| ̄|○il||li


しかし、この後、私に結構な受難が襲い掛かるのでした…。
続きは、※イーフイ、友人S・Tと難波へ行く!(喫茶店編)で。
[PR]
by if-aluga000 | 2005-02-25 11:39 | 妄想言動

チョコレートは虫歯予防になります(。・O・。)


今年のバレンタインは例年と同じく、お世話になった教授陣や先輩、友人にパウンドケーキ(チョコ味)を配りました。
一応、全てのケーキに愛情注いで作ったつもりです。
どうやらおいしく作れていたようで、友人から「美味」との連絡を受けたので、ちょっとホッとしてます。

なんか、こうさぎにもバレンタインチョコが配られたようですね。
でも一瞬、チョコには見えませんでしたσ( ̄∇ ̄;)

それにしても、こういうイベント時に告白はすべきなのでしょうか・・・。

「私の気持ちです。

受け取ってください!!」


・・・・。
はぁ、ムリだわ… _| ̄|○il||li
そんな、こっぱずかしいこと言えねぇ…。

「私のチョコが食えねぇってのかい???」

の方が言えそうです。(何か激しく違う!!)

もう少し、女の子らしくならなきゃいけないとは思うのですが、どうも苦手です。
小学校までは、スカート三昧、フリル大好き少女だったのに、どこでどう変わったのか中学校に上がった時にはジーパンの日々になってました。
そういえば、中学の頃から黒い服を着始めたんでした…それまでは赤とか黄色とか緑とか青とかいろんな色の服を着ていたのになぁ…。
ここ最近になってだいぶ黒以外の服も着るようになりましたが、やっぱり環境による心境の変化の影響でしょうね。

まぁ、いずれにせよ、私の場合はバレンタインにチョコと共に愛の告白を出来るような人を見つけなきゃならないわけですが…。
今の恋らしきものは、難攻不落・前途多難っぽいので、ただ今、新しい恋を探してます。

如月の雪が冷たく身に染みる…そんな今日この頃。 (T-T)
[PR]
by if-aluga000 | 2005-02-15 03:29 | 妄想言動

☆天国大通り一丁目☆

終わったーー!!
地獄から一気に天国へ☆
レポートは天に召されましたが、私は極楽気分を満喫中です。
全てが終わったのは10日。しかしながら、とてもじゃないけどブログ更新無理でした。
ちなみに11日はずっと眠ってましたからねぇ・・・。Zzz ( ̄~ ̄)
今までの睡眠時間を取り戻すかのごとく、魚河岸のマグロの様になって一日を過ごしましたよ。

今日はようやく待ちに待っていたPS2で『トロといっぱい』を楽しみました♪
実は1月の7日にPS2(薄型)を購入いたしましが、ゲームにのめり込んでしまったらテストやらレポートやらが絶対出来ないと思ったので、10日まではゲームしないと固く誓ってたわけです。
まぁ、我が父はそんな娘の心も知らず、レポート書いてる側で、GT4やってライセンスがどーのこーの言っておりましたがね…。(--X)
で、話を戻して、トロです。
あ~、なんて言うか癒されますね、コレ!!(⌒‐⌒)
荒みきった心に染みます (T-T)
クロネコたちも可愛いし、あのハラ文字アタックしびれます(笑)そんでもってその時のトロのふにゃ~んとしたあの眉に萌えます(* ̄◇ ̄*)
[PR]
by if-aluga000 | 2005-02-12 22:30 | 妄想言動

★ただ今、地獄の5丁目★

テストとレポートの日々、未だ続いております。

気が付けば誕生月の如月でした…。

10日に全てが終わるのですが、それまで毎日毎日、剣の山を全力で駆け上ったり、血の池地獄をバタフライで100メートル競泳したり、…まぁ、ほら、今これ書いてるのは、鬼の居ぬ間に何とやらってやつですよ、ははは…。

最近、気が付けば目覚ましTVカウントダウン頃が私の眠りの門になってるんですが、これってやっぱりヤヴァイですよね…。

そのヤバさ具合を証明するかのような事件が起きました。

それは昨日の出来事でした。

特殊講義現代のレポート提出で、テーマは近・現代詩鑑賞だったので、私は中原中也の『サーカス』で書くことにしたのです。レポート枚数は5枚以上だったので、書き始めるまでは「5枚でいいや~楽かも♪」なんて思ってたのに、いざ書き始めると終わりが見えないんですよ!!出口が見当たらないし…。

頭の中はずっと


ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん


ですよ、ははは…(泣)

結局、朝の鳥が鳴いても終わらなくて、仮眠を取ることにしたんです、提出が夕方だったので。でも、寝過ごして書く時間がなくなったら困るので、目覚まし3つセットした上に母に起こしてもらおうと思って



「10時半に起こしてください。必ず

起こすように!!起きなかったら

叩き起こせ!!!」
 



と油性マジックの赤で紙に書いて、もうすぐ朝の仕事から帰ってくる母に充て居間に置いて寝たんです。
で、きっちり10時半に目覚ましと母と、あと不安だったので同じレポートで戦っている後輩に頼んでおいた目覚ましコールで起きれたわけですが、事件は昼食後に起きました。
父が私に例の母に当てた紙をピラピラさせて、こんなことを言ってきたんです。

「なぁ、これ、何て読むんだ?」

と。それで父が指差す字を見て

「あぁ、それはね、は・・・・   !?    !!!!!

私はこの時の父の ( ̄ー ̄)ニヤリッ とした顔を一生忘れないと思います。

私の書いた紙は本当はこのように書かれておりました。



「10時半に起こしてください。必ず

起こすように!!起きなかったら


吐き起こせ!!!




吐き起こすって何だそりゃーーーー!!!


「 “国文科” に通う学生にゃ、あるまじき字の間違えようだよなぁ~。
なぁ、イーフイ ( ̄ー ̄)ニヤリッ☆」


やっぱり、睡眠ってのは大事ですね。寝てないと冷静な思考能力が失われます。

まぁ、でも、吐き起こされなくて良かったと思います。前後の文脈で、ちゃんと
「たたく」と読んでくれたそうです(-。-、)

ちなみにレポートは最終的には5枚予定が10枚になりました。まぁ、5枚以上なのでいいのでしょうが、ホント疲れました。


あぁ、そろそろ鬼が戻ってくる頃です。

私は再び地獄に戻ります。

10日明けに生きていたらお会いしましょう!!

ヽ(´ー`)ノ ヽ(´ー`:.;:…ヽ(´...:.;:..;:: .:.;: サラサラ...:.;::スッ





サーカス

幾時代かがありまして
  茶色い戦争がありました

幾時代かがありまして
  冬は疾風吹きました

幾時代かがありまして
  今夜此処での一と殷盛り(ひとさかり)
    今夜此処での一と殷盛り(ひとさかり)

サーカス小屋は高い梁
  そこに一つのブランコだ
見えるともないブランコだ

頭倒(さか)さに手を垂れて
  汚れ木綿の屋蓋(やね)のもと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

それの近くの白い灯が
  安値(やす)いリボンと息を吐き

観客様はみな鰯
  咽喉(のんど)が鳴ります牡蠣殻(かきがら)と
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん


屋外(やがい)は真ッ暗 暗(くら)の暗(くら)
夜は劫々(こうこう)と更けまする
落下傘奴(らっかがさめ)のノスタルジアと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

[PR]
by if-aluga000 | 2005-02-04 23:31 | 妄想言動

☆HAPPY NEW YEAR☆2005年占ってみました♪



明けましておめでとうございま

す!!

本年も宜しくお願い致します

m(。_。)m





正月三箇日も色んな予定があって落ち着くこともできない状態でございましたが、まぁ体は健康ですし、先生や友人からの年賀状も届きましたし、2005年の滑り出しは良い感じであります。

今年は教育実習や卒論、また華道部の部長になり、昨年以上に忙しい年になりそうです。

まあ、時々息抜きをしながら(息を抜き過ぎない程度に)早め早めの行動を心がけて頑張っていきたいものです。

そんな2005年をタロットで占ってみました。

あ、実は私、占いをするのです。
高校の時は休み時間のたびにクラスの子を占っていて、やがて噂の風に乗って階の違う多クラスからもやってくるようになり、トイレに行く暇も無いほど忙しく占っていましたσ( ̄∇ ̄;)
自分ではどうか解りませんが、占った方々の話によれば当たるのだそうです。
そんなこんなで、未だに占いの依頼がメールで入れば占っていたりします。


んで、今回は2005年の12ヶ月を占うということで、『マンス・スプレッド』という展開法で占ってみました。 (【R】は逆位置のこと)


1月 : THE DEVIL【R】

2月 : THE MAGICIAN

3月 : DEATH 【R】

4月 : THE EMPEROR 【R】

5月 : THE LOVERS 【R】

6月 : THE MOON 【R】

7月 : THE HIEROPHANT 【R】

8月 : JUDGEMENT

9月 : THE WORLD

10月 : THE HANGED MAN

11月 : THE HERMIT 【R】

12月 : THE HIGH 
      PRIESTESS 【R】




占って一言…

「THE TOWER が無くて良かったー!!!」

この“THE TOWER”は私の中では最も恐れているカードであります。
嫌いなわけではありません。
むしろ自分の驕り高ぶっている気持ちを戒めさせてくれるカードなので、恐れてはいますが好きなカードの一つです。


さて、私の2005年ですが・・・

ざっと見た感じでは、新学期始まってしばらく(4月・5月)はあまり良い運気ではなさげです。
春だからと浮かれて気が緩んでしまうと、集中力低下によって管理能力の低下に繋がったり、やる事なす事裏目に出そうな感じであります。
そのために春休み(2月・3月)に、最終学年になる事を自覚して気持ちの切り替えと今後の計画と準備をしっかりしておかねばならないようですね。
また心身のリズムを整えるのに良い運気のようなので、春休みだからといってだらだらとした生活にならないよう心がけたいものです。

しかしながら、教育実習に行く6月が「勘の冴えや冷静さ」といった“THE MOON 【R】”の加護を受けれるようなので、そうなれるように4月5月中に準備をしっかりしておこうと思います。

7月は前期の疲れが一気に出てしまいそうな感じです。特に精神面に…。そのために些細な事でイライラして、人間関係をぎくしゃくしやすく、しばし孤立してしまいそうな感じですね。
時間を上手く使って、休養はしっかり取らなければならないようです。

長い夏休みの8月9月が最も運気絶好調の時のようで、飛躍できて計画も順調に進める事が出来るみたいです。
卒論をやる上ではもってこいですね。この休みをどう頑張るかで卒論の良し悪しも決まると思うので…。
しかし、良い運気の時だからこそ気を引き締めていっそうの努力が求められる時でもあるのでしょう。

10月は正に「試練の時」。長い夏休みボケを引きずる事無く、集中力を高めてそれを維持していかねばならないようです。この時期は気候もちょうど良い時なので、うっかり過剰な現実逃避に走らないようにしなければならないでしょうね・・・。

11月は集中力に欠けやすく、独りよがりな考え方になりそうな感じです。確かに卒論提出1ヶ月前ともあって、精神面はかなり荒れそうであります。まさに真理を求めて暗い森の中を彷徨う隠者のように、私も結論を求めて知識の海を彷徨っていそうです。隠者には杖の先にある小さな明かりがあるように、私にも暗闇を迷わないような明かりをもてるように、8月9月10月は気を引き締めて、頑張らなければならないのでしょう。

そして12月ですが、この結果を見たときは正直言って、ちょっと凹みました。
何しろ、知識知恵、教養の意味のある“THE HIGH PRIESTESS”の逆位置だったんですからねぇ…。卒論提出月がこのカードだと、やはり凹むもんです。
しかし後からよくよく考えてみたら、やはりこれは逆位置で良かったのかもしれません。
もしこれが、正位置であったら私はきっとこう考えたに違いありません。
「結果が良いのなら大丈夫やな。なんとかなるわ」
このように運だけを信じて、努力を怠ることでしょう。ものすごく面倒臭がり私なのでね。

だからこそ、年初めであるこの1月が誘惑を意味するTHE DEVILであり、その逆位置なのでしょう。悪い誘惑を跳ね返す力が最も高い時なのです。今月は、レポートや試験に終われることになっていますが、大学が始まるまでの短い時間を利用して出来ることはやっておくようにしたいと思いました。今月、計画を立てて真面目にそれを遂行できるかどうかに残り11ヶ月の運命がかかっているように思えます。




そんなわけで2005年は、この占いの結果を元にして、先に述べたように、早めの計画と行動、上手く時間を使って時々息抜きもしながら、やれるだけの事を一生懸命やっていこうと思います。


a0021219_1222161.jpg

[PR]
by if-aluga000 | 2005-01-06 01:24 | 妄想言動

友人宅に泊まろう!!

この土日に中学時代からの友人Yの家に泊まりに行ってきました。
以前にも何度か泊まりに行ったことがあったのですが、新築になってから一度も訪れていなかったので、わくわくしながら玄関チャイムを押しました。
いやはや、立派です!!綺麗です!!広いです!!
このままずっと住みたいと思いました!!( ̄∇ ̄)
久しぶりに心の柵を取っ払って話したので、気持ちが少し楽になりました。
また、泊まりたいものです。


ふと、感じたことなのですが、家が変わろうとその家、その家の匂いというものは変わらないものなのですね。
友人Yの家の匂いは懐かしく、くたびれてた心に優しく染みました。
実は、私がこの時期に突然泊まらせてと頼んだのはこのためだったのです。
確実に迫っている、演習の発表やら模擬授業やらレポートやら…また、ややこしい人間関係といったものから、少しだけでも開放されたかったんですね。
友人Yが
「いつも何時ごろに寝ているの?」
と尋ねたのですが、私ははっきりと答えませんでした。
だってまともに寝ていなかったからです。
というより、眠れないんです、夜に。
いつも眠りにつくのは夜明けなのです。
その間、シンと静まり返った世界の中で焦りと不安と渇きといったものに飲み込まれそうになるのをじっと耐えて、課題をやったり、出来ない時はネット上を宛ても無く彷徨っています。
そして窓から薄明かりが差し込むのを見た時にようやく夜の呪縛から解かれるのです。
そんな夜がここ1年以上続くものだから、たまに息抜きしなきゃ発狂してしまいそうなんですよ。
だから、変わらない匂いを嗅いで私は少し安心を取り戻したかったし、癒されたかったのでしょうね。
おかげで、今夜はいつもより気持ちが安定しています。
有り難うね。友人Y、そしてYの家族の皆様。
[PR]
by if-aluga000 | 2004-11-22 03:12 | 妄想言動

~山陰旅行記~ 其の四:松江(古代浪漫探訪)

最終日は、出雲国の古代浪漫を満喫しよう!ってことで向かった先は『八雲立つ風土記の丘』。
まずは、資料館へ…。
入ってすぐに目に付いたのが、槍や剣、七支刀のレプリカ!!
『ご自由に触れてください』とか張り紙があったので、遠慮なく剣を持ってみました…。

重い!!!

いやはや、レプリカだから軽いかと思ったら、どうやら銅のようでした!
振り回せるような重さではなかったので、少し残念に思いながら(!?)資料館の奥へ…。

ここで印象に残っていることと言えば、『見返りの鹿』と『ヒンベエ』。
これがちょうど並んでおいてあるんですよσ( ̄∇ ̄;)
だからそれ見て、ついタク男と二人で

「馬かと!」
「鹿かと!」

とか言ってはしゃいでしまった次第であります。(ホント、バカ丸出しですね~)

また、勾玉の作り方が詳しくイラスト付きで書かれたものがありました。
今はきっと機械で削って簡単に作れるんでしょうけど、昔は石で根気強く削ってたんですから、きっと昔の人の方が忍耐強いだろうし、気も長かったに違いない!…なんて事思いました。

資料館を出て、古墳時代の住まいへ。
なんていうか、家の入り口が狭いし低い!!
古代人は現代人と比べていかに小さかったかが伺えました。(単に私がデカイってのもあるんでしょうが…σ( ̄∇ ̄;))
中はというと、ものすごい土のかほりがムンムン☆
もう、ホント、自然の家ってかんじです。
ここで記念に写真を一枚。
テーマは 『家族団欒』
まだ写真を見てないのですが、似非家族らしく写ってるかどうか心配です(。・O・。)

古墳時代の住まいを抜け出し、古墳を見に行こうかと思ったんですが、見慣れているので止めました。
ホント、見慣れてますよ~。何しろ私の家の目の前にありますからね~。

マジで、“ IN FRONT OF ”です。

まぁ、古の地では珍しくないことですが…(⌒‐⌒)

ってことで、蓮池を見に行きました。
なんでも、泥の中から古代の蓮の種が出てきて、それを現代に蘇らせる事に成功して、こうして栽培してるんだとか…。
私達は運悪く、1輪しか花を見れなかったのですけど、季節にはきっと満開で美しいのでしょう。

風土記の丘に別れを告げて、『出雲かんべの里』へ。
ここで、チャリをレンタルできるので行ったわけです。
そして一同、チャリで『神魂(かもす)神社』へ向かいました。

なんていうか、神社に着いてすぐにすごい霊気?っていうのでしょうか、感じましたね、此処。
イザナミの命を主祭神としており、国宝に指定されているそうで、現存する大社造りの社殿の内最も古いと言われ、格式の高い神社だそうです。
私達以外は誰もいなかったので、打った拍手の音が辺りに響いて、神社を囲む木々に吸い込まれていくような、そんな気がしました。
雰囲気バツグン!!!って事で、おみくじ~♪(当たりそうだから!)(…この罰当たりもん!!)
結果…

☆大吉☆

◎目上の人の思いがけない引き立てで、心のまゝに調のい仲良く暮らせます。色を慎み身を正しく目上の人を敬って目下の人を慈しめば愈々運開きます。

ってことで、さっそく先生を敬ってみたつもりです。(敬えてる自信無し!( ̄・ ̄;) )

ちなみに…

恋愛:誠意を尽くして接せよ



_| ̄|○il||li




・ ・ ・ ・ ・。
それぞれ色々とご利益を祈って、一同はチャリで『八重垣神社』へ、LET'S GO☆

途中、山道みたいな所を走ったのですが、そこでとんでもない目に遭いました!!!
私の前を走っていたI美が突然

「キャァァァァァーーー

ー!!!!」


と、絶叫。
何事かと、視線をI美に向けた時でした。
I美のチャリを漕いでいる足元から、何か白い物体が私のチャリの前車輪辺りに飛んできました。
そして、それが何かを確認した瞬間、私の口からも

「う゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁぁーーー

ーー!!!!」


と、声が固まりになって飛び出しました。

最初、白い蛇かと思ったんですよ。
しかし、そいつが飛び跳ねたんですね… (T-T)
蛇は這いますが、めったなことでは跳びません。
私の脳内コンピューターは瞬時に、ある生き物を打ち出しました。

スローモーションのように私の足ギリギリを跳んでいく、黄色がかった白い

 “蛙” 

しかもウシガエルなみに、

でかい!!!ヽ(TдT)ノ

私、蛇は結構好きなんですが、蛙は嫌いです。
幸いなことに私は蛙にぶつかることなく通り過ぎたのですが、可哀想にI美は足にモロぶつかったそうで、
「ヌルッっとしたぁーーー!!!(T◇T)」
と半泣き状態で、チャリを停めて必死に足をティッシュでゴシゴシと拭いておりました…( ̄・ ̄lll) 


そんなとんでもないハプニングを経て、ようやく(距離的にはそう遠くなかったのでしょうが、ホントこの時は遠く感じました)『八重垣神社』に到着。

此処は、日本に伝わる神話「ヤマタノオロチ」で、大蛇を退治したという素盞嗚尊(スサノオノミコト)と稲田姫(イナタヒメ)の二人が新居を構えた地ということから、縁結びの神様として有名らしいです。

「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣つくるその八重垣を」

興味のある方は、是非是非『古事記』を読んでみてくださいませ♪m(。_。)m

実は、私はこの神社がどういったことで有名なのか全然知らなかったんですねぇ…(勉強不足ですな(;^。^Aアセアセ…)
縁結びとは知っていたんですけど…。
出雲大社でお祈りしたのと同じようなことを再びお祈りして、帰るのかなぁ~と思っていたら、I美の一言。

「“鏡の池占い”しよう♪」

ずんずんと歩いていくI美について行けば、売店で何やら和紙を買うじゃありませんか。
それにつられて、私も訳が分からないまま、和紙を買えば、うっすらと

「恋もまたよし 北と西 吉」

なんて書いてあったので、「ふぅむ…なるほど~。ってか、またよしって何さ!!」とか思っていたら、またI美がずんずんと何処かへ向かって歩いていくじゃありませんか。
先輩もその後をすたすたとついていくので、私も後を追ったわけです。
男性陣はさらに私の後に。

ついたらそこは…。
『佐久佐女の森』と呼ばれる、八重垣神社後方にある森だったんですが…
なんていうか、神魂神社以上に霊気に満ち満ち溢れてました!!!
先程の八重垣神社とは全く異質の空気を放っていたので、「何だ!?この森!!」と驚いているところへI美のありがたい説明が。

なんでも、この先にある鏡の池ってところでさっき買った和紙に硬貨を乗せ池に浮かべて、早く沈めば早婚、遅く沈めば晩婚…という縁の遅速を占う縁結びの池 だなんて言うじゃあありませんか!!

「なんてこったい…!!そんなに重大な占いだったなんて!!!Σ( ̄ロ ̄lll) 」
「まぁ、結果がドキドキするなぁ~(* ̄∀ ̄*)」

のんびり~っとしたI美の声(さっきのカエル事件など無かったのごとく)を聞きながら、少しばかり、この占いに参加したことを後悔した私でした。
だって、絶対いつまでたっても私のだけ沈まなさそうなんですもの…(;o;)
そんな不安をさらに増長させるかのように、森はうっそうと茂る木々によって幽玄とした雰囲気に包まれており、池に近づけば近づくほど霊気が高まっていきました。
そして、霊気が極点に達した所で鏡の池に到着。
ドキドキしながら、そっと池に和紙を置き、その上に10円効果を一枚ぽつんと乗せました。
すると、いきなり私のだけ池の奥の方に向かって少しずつ動き始めたではありませんか!!

「えっとなぁ、奥に行くほど遠い場所に縁があるんやって~」

I美の声を聞きながら、「一体私の和紙は何処へ向かっているんだ!?」と思うような激しい動きを見せ、奥にそのまま行くのかと思いきや、いきなり急カーブ…池の右側へ。
そして、なんだか沈みそうな感じに10円硬貨の周りに水が溜まってきました。
I美はというと、置いた場所から少ししか移動せず、

「あれ~?うちのは動かへんで!?(笑)」

っていう状態(笑)。
先輩はというと、最初はあまり動かなかったのが、突然私の後を追うかのように右側へ移動し始めました。

「あー!イーフイのとSさん(先輩のこと)のがぶつかりそうや!!」

と先生が言うとおり、ホントあと数センチでぶつかってしまいそうな状態でしたが、あわやというところで、先輩のも私のもピタリと動かなくまりました。
そして…

「あーー!イーフイの沈みそう!!」
「あ、ホンマや!もう沈むで」

と一同が騒いでいるみるみる内に、10円硬貨を包み込むような形でスゥーっと池の中へ消えていったのでした。
その様子を見たとき、何ともいえない気持ちになりました。

「いやぁ~意外だわ。私のが先に沈むなんて…」
「なんか、順序踏まえて結婚 って感じやったなぁ」

そういうI美の和紙を見れば、先程の地点からやはりあまり動かず状態。
そして、そんなことを言っている側から唐突に池の中へ消えていきました。

「なんか、勢いで結婚 って感じちゃうかぁ?これ(笑)」

と、まさしくI美の言うとおりだったから、思わず

「案外、本当にそうかもしれんぞ~(笑)」
なんて言ってしまいました。(。・O・。)

そう騒いでいると、先輩のも後を追うように静かに池の中へ消えていったのでした。
何だか、じっくりと愛を育んでから結婚 というような感じで、女性3人の中では一番まともな感じを受けました(* ̄∀ ̄*)

結果:イーフイ3分 I美4分 先輩5分

占いどおりいけば、私イーフイは早く結婚できるようです(* ̄。 ̄*)
みんな早く結婚できそうで、めでたしめでたし☆

ちなみに旅行から帰ってから分かったことなのですが、ネットでも『バーチャル鏡の池占い』なんてものがあって、誰でも占えます♪
ただ、やっぱり本物でやった方が確かだと思います。
だって、あの森の雰囲気半端じゃないんですもん!!!!

こうして、一生忘れないであろう体験をした後、凄くやばそうなお店で昼飯を食べ、勾玉専門店で勾玉を買ったり、I美の1時間バス出発時刻勘違いなどがあった後、無事、バスに乗って家に帰ったのでした。

久しぶりに大満足した旅行で、8月までに溜まっていたストレスも解消され良かった良かった~と思いきや、もう3日後には大学のオープンキャンパスという、相変わらず最期まで過酷な夏休みを過ごしたイーフイなのでした…σ( ̄∇ ̄;)


★八重垣神社(バーチャル鏡の池占い)★
[PR]
by if-aluga000 | 2004-09-26 04:24 | 妄想言動